2018.12.31(月)年の瀬に

2018年ももうすぐ終わろうとしています。

今年1番心の中を占めていたことは、
1年前の春に思い立ち決めた、オリジナル作品を作るということ。
1人で作るオリジナル作品は大学の卒業制作以来です。
自分から生まれる音楽は、はたして一体どんなものなんだろう?
自分でもつかめなかったところからのスタートでした。

なかなか曲ができなかったり、視界が開けたかのように曲が生まれてきたり、
その感覚をまた見失って苦しんだり。
そんな時間を経て、12月の初旬。
1年掛けて作ってきた曲たちのレコーディングを終えました。

この作業の総決算でもあるレコーディングの時間は、
作品作りってこんな楽しいものなのか、と新しい風景を見せてくれました。
そして、レコーディングエンジニアをしてくださった田辺玄さんの感性に導いてもらった音世界。
玄さんの感性も合わさって、とても良いレコーディングの時間を過ごせました。

ピアノも歌も曲も、その時の自分の持っているものしか出せない。
形として残せるほどのものなのか、正直自分で確信がなかったのですが、
実際レコーディングになった時に、こうしようと思っていたものとは違うアプローチになったり、
自分でも予期せぬ演奏が生まれたり、また、できなかった部分も含めて、
すべて今の私の手から生まれたもの。
そして生まれてきたものは、、、
自分の想像していたものより、もっと違った質量をまとっていました。
これは1番の驚きでした。
作っていた私すら知らなかった私の中のスープ。

3月すぎに完成できるよう準備をしています。
もうしばらくかかりますが、楽しみに待っていてくださいね。

HPを訪れてくださる皆さまへ。
今年もありがとうございました!
そして、来年もよろしくお願い致します!

長谷川久美子

2018.12.29(土)2018年 秋から冬に季節が変わる中で。

今年の秋は、池田綾子さんと松本英子さんのNewAlbumの制作に参加させていただきました。
池田綾子さんではアレンジを、
松本英子さんでは、楽曲提供とアレンジを。

二人の活動を側で見てきていて、色合いの違う二人の度胸や底力をいつも感じています。
ずっとステージに立ち続けて手にしてきたもの、その軌跡を感じるアルバムではないかと感じています。
そんなお二人のレコーディングでは、私は学ぶことばかりでした。

池田綾子さんのアルバムは、初のセルフプロデュース作品だと思っています。
歌手であり、作家であり、プロデューサーであり、アレンジャーであり、いろんな顔を持つアーティスト。
全てをこなしながら制作を進める姿に感服するばかりです。
ソングライターとして認知されて、いろんな場面で求められて作ってきた曲たちが収録されています。
1曲1曲が存在感を放つ作品ばかりです。

松本英子さんはデビュー15周年を記念して初のクラウドファンディングでアルバムを制作しました。
英子ちゃんの人徳で、活動してきた年月で縁を紡いできた素晴らしいミュージシャンがたくさん参加した作品となっています。
ご一緒して感じるのは、英子ちゃんはいろんな歌が唄えるシンガー。
だからこそ、今回の収録曲のバラエティーがすごい!
正にアルバムタイトルも「COLORING BOOK 」。いろんな色彩の歌が待っています。
是非、手に取っていただけたらと思います!

そして、12月はコンサートが続きました。

大学の後輩でもある糸魚川在住のピアニスト、藤本利恵さん主催のクリスマスコンサートに出演しました。
新潟に所縁のある音楽家が集まりました。
冬の日本海のすぐ横に建つ会場にて、
クラシックの演目の中で、私はポップス音楽をお届けしました。
クリスマスメドレーを連弾にアレンジしてみました。
小学3年生のハナちゃんと、藤本利恵さんと私の3人で
入れ替われるように演奏できるアレンジ!
そしてソロで「私の中のスープ』の2曲をお届けしました。
手作りのコンサートということもあって、急遽人生初の館内アナウンスもしたり!
手作りのコンサートはとても楽しいですね!
また糸魚川コンサートで共演できる日を楽しみにしています。

そして、手嶌葵さんの三重県鈴鹿でのコンサートにピアノで出演しました。
手嶌葵さんの歌をとても繊細で、そして曲はお洒落で繊細で素敵な曲がいっぱいです。
ただただ緊張の中で終わってしまった。。。もっと楽しみたかった。。。
緊張しても良いことなんてないのはわかっているのに、バカみたいに緊張して、
精進が必要だなぁと、凹みながらも前向きに頑張りたいと思いました。

そして、今年最後のコンサートは、「かたりと歌とピアノで贈るクリスマス」
山田雅人さんの『かたり』と池田綾子さんの歌、私のピアノで贈るコンサート。

今年の「かたり」は、「星野仙一物語」と「チャップリン物語」。
生前の星野仙一さん本人を取材して生まれた「かたり」です。
山田さんに何かが宿っていました。ステージ上で聞いていて鳥肌が立ちました。
会場ではあちこちですすり泣く音が聞こえてきました。
もし星野さんが元気でいらしたら、会場にいらしてくれることになっていたそうですが、
きっと星野仙一さんに届いたのではないかと思います。
「星野仙一物語」のかたりを受けて続いた歌は「空の欠片」だったのですが、
歌にもピアノにもきっと何かが宿っていました。
今年最後のコンサートの締めくくりは、本当に良い時間でした。

来年は12月7日に開催決定です!
今年は満員御礼で、チケットが手に入らない方もいらっしゃったようです。
来年是非、この感動を味わいに来てくださいね!

まとめてUPしたので、すっかり長くなりました。
年の暮れの大掃除と共に、やっとUPできて心置きなく年が越せそうです!!!

2018.10.28(日)大島花子さんライブ!

赤坂Biz2F アトリウムでのライブ。
晴れた秋の空を背景に、大島花子さんのライブをお届けしました。

IMG_7361

オリジナル曲だけでなく、花子さんのお父様でもある坂本九さんの歌もたくさん歌って
小さな子から年配の方まで足を止めて聴いてくださいました。

今回、花子さんとははじめましてのライブ。
花子さんの歌のピアノを弾かせていただいて、
歌にはいろんな表現があるのだなと改めて思いました。

花子さんの歌は、歌詞の世界をとても大切に歌われているので
物語の風景を描きながら演奏している自分に気づきます。

また、とてもお話がお上手なので、お話しを聞きながら、
歌の世界に入ると歌詞の風景がじっくりと浮かんできます。

花子さんの歌う「ヨイトマケの唄」、坂本九さん作詞作曲「親父」。
歌詞の世界に引き込まれるひと時でした。
短い時間ではありましたが、素晴らしい時間を過ごせました。

2018.09.07(金)銀座NAGANOライブコーナー  そして「恋花火」

銀座NAGANO、後半はライブコーナー!

IMG_7285
IMG_7286

「メリーゴーランド」で始まりました!
美ヶ原のライブでも披露した「なんでもないや」
リハーサルの後に一緒に行った小田和正さんのコンサートからインスパイアされて「君住む街へ」
銀座NAGANOでは恒例となってきた英子ちゃんの先生こと、福山雅治さんの「蛍」をカバー。

そして、この夏スウェーデンでレコーディングをしてきた英子ちゃん。
デビューアルバムがスウェーデンで制作したということで、
20周年に向けて、歌の人生が始まった場所からまた新たに走り出しました。
そして、デビューアルバムの曲の中から「Wild Cerry」をお届け。
いつも全力以上頑張っている英子ちゃんを見て、私も自分のできる範囲のことをするのではなく
何かチャレンジをしなければと思い、この曲も含めてコーラスワークに力を入れてみました。

そして、今回も1曲私も歌わせていただきました。
もう歌う機会はないだろうと思っていた曲で、英子ちゃんの歌う恋の歌を聞いたり、
駒ヶ根を旅しながら信州の景色の中で見る花火は綺麗だろうな、と思い、
「恋花火」を選曲してみました。

歌うのは8年以上ぶりかもしれません。
自分で作っておきながら、とても難しい歌で、今の自分に歌い切れるか正直自信はなかったのですが
それも込みであえてチャレンジしようと。
が、案の定、本番では緊張して歌い切れず、、、
でも、めげずに精進しようと思います!

今回「恋花火」を歌うので、昔のリハーサル音源残っていないかなと
音源を探したら、自宅で作っていたデモ音源を見つけました。
聴いてみたところ、今は歌えない初々しい声で歌っていたので、
この「恋花火」を聴いてもらおうと思って、
初めて自分でCDに焼いて、パッケージして、ライブ会場で物販することにしました。

IMG_7289
うまく歌えなかったけれど、皆さんにたくさん手に取っていただいて本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!

旅先の名物やお酒を味わいながら、
旅の話とライブが楽しめる銀座NAGANO女子旅シリーズ、
また次回をお楽しみに!

2018.09.07(金)銀座NAGANO 女子旅シリーズ 駒ヶ根篇レポート!

4回目の女子旅シリーズは、
アルプスがふたつ映えるまち 信州駒ヶ根を松本英子さんと旅してきました!

あずさに乗りながら、青い空に映える山並み。緑の豊かさ。
どんどん景色が変わってゆくところから旅は始まります。

まずは中沢野菜収穫体験!
中沢地区で農家をされている山口兄弟が切り盛りする農園でアスパラ収穫しました。

613ACB24-A761-47F6-B33E-68929CCB794A-thumbnail2

到着すると、お母様が茹でてくれたウェルカムコーンが待っていました!
甘くて美味しい!

5E271445-8600-4B19-A356-0BD5167FAAD4-thumbnail2
7B9E1BB7-6DAE-489A-9178-60FE707AFAA5-thumbnail2
今年は信州も猛暑が続いていますが、ビニールハウスの中は酷暑!
汗をかきながらアスパラを一本一本を手で収穫してみると、その大変さを身にしみて感じました。
スーパーで簡単に手に取って購入していましたが、生産者の方々の思いを感じながら
頂かなければと強く思いました。

IMG_7269

IMG_7270
IMG_7268
駒ヶ根野菜を盛り上げようという熱い思いを持った、
とても仲の良い山口兄弟からたくさんのパワー頂きました!
是非会いに行ってくださいね!

アスパラ収穫体験は来年の4月中旬〜5月中旬までやっているそうなので、
詳しくは駒ヶ根観光協会のホームページをチェックしてくださいね!

続いて、林さんの農園へ。
腰に籠をぶら下げ、トマト、紫のナスだけでなく、初めて見た白いナスを収穫しました。

IMG_7272 174D2712-7605-4115-B7CA-2CB5A50720B4-thumbnail2

IMG_7273

新鮮さが伝わる!美味しそうです!
そして、今日収穫した野菜たちは後ほど食します〜^^!

その前に、「さわ屋」さんで昼食。
駒ヶ根名物といえば「駒ヶ根ソースかつ丼」です!
普通のかつ丼とは違うのです。卵でとじてないのです。
駒ヶ根ソースかつ丼とは、ご飯の上に千切りキャベツを敷き、
その上に秘伝のソースをくぐらせた豚のロースカツを載せたものが出てきました。
お店によってソースの味がいろいろあるようですよ〜!

IMG_7134

 

IMG_7274
とてもボリュームがあって、ご飯にもソースが絡んでいてとても美味しかったです!
英子ちゃんの顔から伝わりますね^^。

81498619-E3F8-4C2F-9521-1998D4B8525A-thumbnail2-1
白いコック帽がかわいい!
ごちそうさまでした!

続いて、「養命酒健康の森 駒ヶ根工場」さんへ。

IMG_7275
信州には、アルプスからの美味しい水が豊富。
養命酒はそのアルプスの水から作られています。
南アルプスと中央アルプスに挟まれた標高800mに位置した場所にあるのが
養命酒駒ヶ根工場です。
工場の横にもCMでもおなじみの小川が流れていました。

IMG_7138
養命酒の製造工程見学や歴史を体験しながら14種類の生薬を実際触ったり匂ったりできる
ガイドさん付きディスカバリーコース(80分)に参加してきました。

IMG_7277

ツアーの最後には、養命酒を試飲できます!
初めて養命酒を頂きましたが、養命酒の原酒は「みりん」を原料としているので、
苦いのかなぁと思っていたら甘くて飲みやすかった!

IMG_7276

7F7E2D96-C542-4FAD-B60F-7EDBEFCAFCD0-thumbnail2-1


そして夕食!
午前中に自分たちで収穫した中沢野菜を使って料理をしてくださる
宮下学シェフのお店「びすとろミーシャ」へ!

2BDAE8EF-3708-46DC-8103-2892241ABCEE-thumbnail2

4F7C2A8A-0F97-4698-9DA4-745EAF818972-thumbnail2
75D53EFF-0730-415A-9383-03E931099203-thumbnail2

0AF9C1DC-D5A7-4E55-A693-B24D301C44AA-thumbnail2

アスパラ、ミニトマト、トマトの天ぷらはお塩で!お塩もこだわりお塩です。
山口兄弟の畑で収穫したアスパラ。アスパラは油を使った料理が一番オススメだそうです!

IMG_7291
ナスは油で揚げて生姜とお醤油で。
ナスはとても甘くて、特に白いナスは、まるでトロのような食感!

シェフのたのしいお話と、たくさんの野菜を使った美味しいメニューをいただきました!
全部美味しかったです!ご馳走さまでした!

宮下さんは、中沢地域の農家さんを盛り上げる活動の一つとして、
収穫体験ツアーを行っていらっしゃる方でもあります。
種まき~収穫、さらにキッチンカーでその場で調理し食べる!という
「中沢食堂」というのをやってらっしゃいますので、こちらも是非チェックしてみてくださいね!!
http://nakasyoku.com

その日の宿泊は、早太郎温泉「二人静」。
夜少し涼しくなってきたころの露店風呂も、朝のお風呂も気持ちが良かった!

翌朝、
バスとロープーウェイに乗って、「中央アルプス千畳敷カール」散策へ!
2万年前氷河期の氷で削り取られらお椀型の地形をカールと呼ぶそうです。

IMG_7278

 

標高2612メートルで、気温は19度。
地上の暑さとは違って、涼やかな風と青い空が最高に気持ちが良い!
雲が動いてゆくさまや、夏はたくさんの高山植物を楽しめます。

IMG_7147

IMG_7174 IMG_7175

IMG_7279

素晴らしい景色です!!!

IMG_7173
アルプスからの水が流れてくる小川の水がきれいで、触ると冷たくて気持ちが良い!
散策の疲れが癒される爽快さです。

DB32E7B6-CA35-46E1-972F-17A84B3A9768-thumbnail2
散策の後は、冷たいソフトクリームやコーヒー、ホットドック等が楽しめます!

紅葉の季節、雪景色の季節に、また訪れたい場所でした!

涼しいところから、また30度越えの地上に帰ってきたら、
「二人静」の横の太田切川が思わず足をつけたくなる川で。。。

童心に帰ってしばし川遊びを楽しんできました!

A370979C-EC0E-4247-8A35-2A63EE5CB026-thumbnail2

IMG_7183

IMG_7280

最高!!!
透明で綺麗な水、冷たくて暑さを一瞬忘れ、
散策疲れの足にはとてもよいリフレッシュになりました。

そして、
早太郎伝説とヒカリゴケのお寺、不動明王をご本尊とした光前寺にも足を運びました。

8B914E2F-3625-41E7-9F58-98F4EAD5C94F-thumbnail2

歴史のあるお寺には、杉並み木の参道には苔むした石垣があり、
その石垣の隙間、太陽の当たらない場所にヒカリゴケが植生しています。
石垣の隙間を除き込むと、エメラルド色に光る苔がありました!

IMG_7190
是非探してみてくださいね。

早太郎伝説の早太郎とは、恐ろしい怪物から村人を救ったという伝説の山犬のことで、
そういう伝説があるお寺なので、なんとワンちゃんも参拝OK!

BEB4C8B2-0473-4FDE-9EF9-C0265F2FE01A-thumbnail2
IMG_7287

大人気おみくじ、早太郎おみくじが可愛らしい!

IMG_7189

IMG_7281

三本杉や苔むす古道もあって、パワースポット盛りだくさんでした!

旅の最後は、「本坊酒造マルス信州蒸留所」へ!

28E64834-0619-41DF-B216-79F00C9529B4-thumbnail2-1
元をたどると、NHK朝ドラ「マッサン」こと、竹鶴政孝氏も関係している、
日本で一番標高の高いところにある蒸留所です。
やはりアルプスの美味しい水から作られています。

特別に、ダンディーな竹平所長にご案内いただきました!

IMG_7282
樽の中で熟成中の原酒の倉庫に足を運ぶと、倉庫中に香るウイスキーの香り。

IMG_7283
ウイスキーの種類の説明をしていただき、
樽の大きさや、樽木の種類で味が変わってくるということを学びました。

IMG_7284

そしてその後は、アルプスの水をチェイサーに、
いろんな種類のウイスキーを試飲させていただきました。
飲み比べると、一つ一つが全然違う風合いなんですね〜。
英子ちゃんも私も、一番のお気に入りは「岩井」でした!

盛りだくさんの駒ヶ根の旅。
アルプスがふたつ映えるまち 駒ヶ根の旅は
山々、空、緑、水、大地、食。
五感を満たしてくれた夏の信州の旅でした!

是非是非、足を運んでみてくださいね^^!