Yearly Archives: 2018

2018.06.23(土)世界遺産登録「記念セミナー&記念コンサート」に池田綾子さんのピアノで出演いたします。

富士山世界遺産登録5周年記念イベント
世界遺産登録「記念セミナー&記念コンサート」
〜いつまでも世界遺産であり続けるために〜

ピアノ出演します。

6月30日(土)午後6時〜
河口湖オルゴールの森美術館ホール
入場料2000円

セミナー講師 近藤誠一氏(元文化庁長官)
コンサート演者 池田綾子

お問い合わせ先
河口湖商工会 0555-73-1122

https://kawaguchikomusicforest.jp

2018.06.19(火)メリーゴーラウンド!

6月16日は、松本英子さんの誕生日。
そして、スペシャルなバースデーライブが開催されました。
ファンの皆さんから曲のリクエストを頂いて、上位10位の曲をお届け!
普段は話さない曲にまつわる色んなトークも飛び出して、とても楽しい時間でした。

デビューして15年のキャリアを持つ英子ちゃん。
リクエスト10位の曲に、英子ちゃんの代表曲「Squall」「祈り火」
福山雅治さんのカバー曲「流れ星」、デビュー曲「涙のチカラ」が並ぶ中、
なんと!英子ちゃんとの銀座NAGANOのライブを通して、
色んな歌を歌える英子ちゃんに小難しいメロディーを歌ってみてほしい…と思って作曲した
「メリーゴーラウンド」も、ランクイン!
う、うれしい!!!

歌う度に、また色んなミュージシャンお方々に演奏していただいく度に、
アイデアを頂いて曲が成長をしてきたなと感じています。
これからももっと磨かれてゆく『メリーゴーラウンド』楽しみです。

04711506-2014-4866-9BBA-DD41EDE0AEA8-thumbnail22018EEDF-BBA5-4B65-ACAA-DE37102F211D-thumbnail2

夏は松本英子ちゃんとの3回目となる、長野、美ヶ原高原でのライブ&スターウォッチング、
銀座NAGANOでの女子旅シリーズ〜駒ヶ根編〜 トーク&ライブが続きます。
LIVE詳細はコチラから。

お楽しみに!

2018.06.14(木)松本英子TALK&LIVE 女子旅シリーズ 駒ヶ根編 に出演します。

「松本英子トーク&ライブ 女子旅シリーズ 駒ヶ根編 ~アルプスの山の恵みを満喫!~」 

銀座NAGANOでのTALK & LIVEの開催が決定しました!

3回目となる今回の女子旅シリーズは駒ヶ根編!
アルプスがふたつ映えるまち  長野県駒ヶ根市の山の恵みをたっぷりと感じて頂けるTALK&LIVE!
駒ヶ根市の体験型レストラン「中沢食堂」の名物シェフが手掛ける旬野菜のお料理や
中央アルプス山麓の美酒と共にお楽しみください。
トークコーナーと、ライブではピアノで出演致します。

▪️日時:2018年9月2日(日)16:00 Open /16:30 Start
▪️会場:銀座NAGANO 2階イベントスペース
▪️料金:一般 4,000円、小学生以下 2,000円
(中沢野菜を使ったミニプレート、中央アルプス山麓の美酒 or フルーツジュース & お土産付)
お申込み受付:2018年7月上旬予定
詳細は追ってお知らせいたします。

【駒ヶ根市】http://www.city.komagane.nagano.jp/
【銀座NAGANO】http://www.ginza-nagano.jp/

 

2018.06.14(木)松本英子スペシャルライブ&スターウォッチング in 美ヶ原 Vol.3に出演します。

松本英子スペシャルライブ & スターウォッチング in 美ヶ原 vol. 3

ピアノで出演致します。

昨年は素晴らしい夕日の中のライブ、そして満天の星空を見上げることができました。
今年はライブは美ヶ原自然保護センターの中での開催となりますが、
満天の星空を一緒に楽しみましょう!

▪️日時:2018年8月12日(日)
ライブ 18:00 ~ / スターウォッチング 19:30 ~
(雨天時は、室内で映像による星空の紹介になります。)

▪️会場:長野県松本市美ヶ原自然保護センター
▪️料金:入場無料

マイカーでお越しいただけます。
そして今年も松本駅からの臨時バスを運行予定です。
(往復2,000円 完全予約制50名)

▼臨時バスに関するお問い合わせ
松本市観光温泉課TEL 0263-34-8307

申し込み開始は、7月2日(月)午前9時〜

詳細は、美ヶ原観光連盟HPにて随時お知らせ致します。
▼ 美ヶ原観光連盟のホームページ
http://www.utsukushi2034.jp/

 

2018.05.30(水)アップライトピアノを囲んで

調律を終えたピアノと今日は1日作曲!と意気込んでいたら、父と母がピアノを聴かせてとドアのノック。
ショパンの「別れの曲」の前半部分と、ドビュッシーの「月の光」の前半部分、弾けることろだけ演奏してみました。

父はピアノを習ったことがないのですが、簡単な3コードをちゃんとメロディーに合わせて弾くことができ、
絶対音感を持っています。
その後、父がピアノの椅子に座って、片手で自分の知っているメロディーをなぞり始め、中学校の校歌を歌い弾き、
「帰れソレントへ」「野ばら」等々、止まりません。
父の弾くピアノは、爪があたってカチカチという音が一緒に鳴るのが特徴です。
とても楽しそうです。

曲作りになかなか取りかかれなかったけれど(笑)、
ピアノを囲んでこんな豊かな時間を過ごせたことよかったなぁ。

IMG_6859